マカンとお散歩! ~New life with Macan~

初ポルシェ。人生が変わったわけではありませんが、生活は変わりました。人生も生活も英語だとどちらもlife。ややこしいな。

映画「鬼滅」の次に来るもの

このブログの本流から離れますが、前回「鬼滅の刃」を考察したところ、アクセス数が多かったので、また書きます。

 

歴代1位

映画「鬼滅」が、すごいですね。正月興行もぶっちぎりで制したようです。

おめでとうございます!

歴代興行収入1位を達成してからも、無限列車はが止まりません。

 

f:id:kamihitoe20:20210104225145j:plain

 ▲入場者特典第4弾。ラストシーンを彷彿させます。特典もこれが最後?

 

映画の出来は素晴らしく、次の展開が気になります。

しかしながら、次回作はまだ先ですよね。

ここは待つしかない訳ですが、じっと座しているのも、もどかしい。

 

ポスト「鬼滅」

そこで、次なる期待作=「ポスト鬼滅」とも称されているアニメ「呪術廻戦」を観てみました。原作は「鬼滅」と同じく「少年ジャンプ」発の漫画です。

まだ、アニメ13話分の7話までしか観ていませんが、面白いです。引き込まれます。

たしかに「鬼滅」の次に来るのは、この作品かもしれません(もう来てる?)。

 

ただ、視聴者の層は限定的かもしれません。

憶測になりますが、「呪術」の支持層は高校生から大学生あたりの年代でしょうか。ちょっと高めのような気がします。

前回のブログで「鬼滅の刃」を「スターウォーズ」にたとえましたが、「層」の面でも同様だと思います。

「呪術」を同じようにたとえてみると、「エイリアン」みたいな気がします。いや、ストーリーや世界観は全然違いますよ。層の比較として。

「呪術」の場合は、「鬼滅」の劇場でたくさん目にした、小学生のお子さんと保護者がいっしょに、という景色にはならないようにも思います。

 

 

次に来るもの

そう考えると、今回の「鬼滅」のような、子どもから大人まで巻き込むようなメガヒット作はなんでしょうか?

 

わかりません。「千と千尋」から「鬼滅」にいたるまでだって、19年の歳月がかかっている訳ですから、狙ってできるものでもないし……。

そんな作品って、滅多にありませんよね。

いや、ありました。

鬼滅の刃」の次回作。

今回の「無限列車編」は、まだまだ序の口。

「鬼滅」を超えるのもまた、「鬼滅」のような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020 マカンの「まとめ」

晦日ですね。

2020年の「乗り納め」のつもりで、近場を散歩してきました。

f:id:kamihitoe20:20201231173358j:plain

無人都市のオリンピック選手村。来年は選手たちをお迎えしたい。

 

f:id:kamihitoe20:20201231173528j:plain

▲新設の会場にて。こちらも賑わってほしいです。

 

f:id:kamihitoe20:20201231173906j:plain

▲走行距離は、8か月半で9568キロ。よく走りました。

 

マカンとのファーストイヤーが過ぎようとしてます。

そこでちょっと「まとめ」をしてみます。

 

ファーストインプレッション

納車日にマカンを見ての感想は「かっこいい!」の一言。

ピカピカのつやつや。

オーダーの日から、待つこと4か月。この間というか、初めてポルシェセンターへ足を運んだ日から、何度も何度も思い描いてきた車が、目の前に。

ポルシェの場合、標準装備はとてもシンプル。その結果、オプションがどんどん増えて、ほとんどオーダーメイドの世界に……。

それだけに、My Only感が強くて、感激もひとしおでした。

 

オプションは多数あるものの、選べないのはタイヤのブランド。

My マカンが履いていたのは、NEXENというタイヤ。

正直、知らなかったので、あとでネットで調べました。

 

もうひとつ、納車日に担当さんから説明を受けるまで知らなかったことが、地デジのチューナーが付いていないこと。

今どきのクルマで……、ちょっと驚きました。

まあ、私の場合、クルマでテレビを観ることはほとんどないので、気になるほどではなかったですが。

 

エンジン

ベースグレードの直4ターボです。

回転数2000以下 → エンジン眠っています。でれれんと、ゆるく回ります。

回転数2000以上 → エンジンが目を覚まします。メリハリがでてきて、ターボの効きはじめを感じます。

回転数4000以上 → エンジン吠えます。この4000回転がタコメーターのちょうどてっぺん。ここから先の領域は、馬力がドバドバでる印象です。ただし、この回転では、高速道路でもすぐに法定速度に達してしまうので、瞬間的です。

 

サスペンション

標準のコイルサスです。SUVのなかでは固いと思います。峠道も楽しいですよ。

でも、911や718と比べないでくださいね。

 

ハンドル

前車のメルセデスよりも重いです。しっかりと舵角を伝えてくれるので、好みです。

ナビ

苦手科目です。絶対にレクサスとは比べないでください。

私はアップルカープレイで、yahooのナビを使っています。

 

まとめ

◇長所

運転がとても楽しいです。峠でも高速でも。

東北の旅行で感じたことですが、長距離であまり疲れません。グランドツアラーの資質があります。

 

◇短所

楽しいからといって、調子にのると……、減点の憂き目をみることも(自動車免許)

私、ゴールド免許なのですが、次回は青色確定です(涙)。

 

2021年は「安全運転」を心がけたいと思います。

では、よいお年を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鬼滅の刃」の現在と未来

前回「鬼滅の刃」のことを書いたらアクセス数が多かったので、もう一度とりあげます。その人気ぶりを考察します。

「映画」について

公式の発表はまだですが、今週末で歴代興行収入1位は達成確実!

おめでとうございます!

f:id:kamihitoe20:20201227112156j:plain

▲このお方、ツイッターでは「300億の男」と称されていますね。

 

千と千尋」超えのあとは、どこまで延びるのでしょうかね。興行収入350億はいくかな? SNSでは「煉獄さんを400億の男」に! というメッセージも多いようです。

 

原作について

原作のコミックは、どこの書店にいっても品切れで売っていません。

電子書籍なら問題ないのだと思いますが、私は、紙で読みたい派(←古い!)なので、

じっとマガンの子なのです。

あいまいな記憶で申し訳ないのですが、コロナ禍になる前から書店はそんな状況でした。こんなの前代未聞ですよ。

 

どんな話?

「鬼滅」を未読未見の人向けに、この作品を一言で表現するとすれば「鬼退治」。

その道すがら、ちょっと変わり者の「連れ」が加わりますので、なんだか「桃太郎」のようなイメージも、なきにしもあらずです。

なんだ、子ども向けの話じゃないか。

たしかにそうです。

ただ、この作品の根源をなすテーマは「家族愛」と思われ、普遍的です。

大人の鑑賞にもたえます。実際、私は映画館に行ったときは、お子さんにせがまれてきた保護者の方もハンカチを目元に当てていました。←私は、ハンカチを持ち合わせていなく、ティッシュでしたが。

年配者の方(←私も)には、アニメであることがネックになる方もいると思いますが、見てしまうと、作品に入り込んでしまいます。

 

展開

興収歴代1位! 「映画」は、よく頑張りました。

しかし時間軸的に、年末年始を過ぎれば終息に向かうでしょう。

 

気になるのは、この次の展開ですね。

千と千尋」の場合は、単発の物語でした。

しかるに「鬼滅」はと言うと、今回の映画をもってしても、まだ原作の3分の1を終えたばかりです。

まだまだ「備蓄」があるのですね。

原作を読んでいないのでアレですが、単純計算をしてみます。

これまでのテレビアニメ+映画を1ユニットとすると、あと、2ユニットはいける計算になりますよね。

正義の剣士の三部作。

そう考えると、あの「超大作」を思い浮かべてしまいます。

そう、あの作品にも、剣士の「連れ」に凸凹コンビがいましたね。

原作はアメリカでも売れていますね。映画はこれから。

鬼滅の刃」は、日本発の「スターウォーズ」になる可能性を秘めています。

 

f:id:kamihitoe20:20201227125411j:plain

▲グッズの売り上げもすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光地と「鬼滅の刃」

◇旅先で気にかかった、あの作品。

旅先の地となった会津若松市を訪れるのは、自身はじめて。

そこには鶴ヶ城があり、松平家の庭園があり、武家屋敷があり、”藩時代”の栄華を偲ぶ遺産に事欠きません。

その中でも地域最特有のレガシーは、なんといっても白虎隊でしょう。

隊士が自刃した飯森山からは、鶴ヶ城がよく見えました。その時、城は炎に包まれていたのですよね。

 

さて、今回はちょっとマカンから話が逸れます。

 

前回の旅でもそうだったのですが、観光地のお土産屋には、必ずといっていいほど「鬼滅グッヅ」が売っています。

その中でも頻度が高いのが、マスク。緑と黒の市松模様のデザインのあれです。どこに行っても売っていますね。

 

ほかにもまだあります。

たとえば、こんなの。

f:id:kamihitoe20:20201223183039j:plain

「鬼滅」キャラの刀ですよね。

こんなものが、白虎隊の刀のお土産の横に、さらりと置いてあるのです。

 

「鬼滅グッヅ」は観光地との親和性がバツグンで、違和感がありません。

その昔、サンマリノ共和国の頂きにある土産屋で、セーラームーンを見た時は、違和感がありありでした。

 

旅の帰りに「足利フラワーパーク」に寄りました。

夜なのに(夜だからこそ?)、人出が多い。人気ですね。

f:id:kamihitoe20:20201223184354j:plain

このパークは、「鬼滅」の聖地としても、注目をされてますよね。

もちろん、お土産も売っていました。

藤の花とキャラクターを合わせたキーホルダーがあったのですが、主人公は売り切れ(残念)。なんか気の毒だったのですが、善逸だけが在庫ありでした。

 

GoToは自粛を余儀なくされていますが、状況が戻ったら、また、マカンで旅に出たい。

観光地では「鬼滅グッズ」を観察したい。

 

ちなみに私、「鬼滅の刃」は好きですよ。

アニメも映画も観ています。

先週の日曜も「M1」ではなく、再放送の「鬼滅」見ました。

 

◇旅の記録

f:id:kamihitoe20:20201223185912j:plain

走行距離 622.9キロ。

燃費 リッター10.6キロ(満タン測定)

 

◇旅の知見

警察車両といえば、トヨタクラウンが常ですが、会津では違っていました。

四駆が得意なメーカーの車両でした。雪深い国のデフォルトですかね。

 

 

 

 

 

東北の旅、再び

10月に行った東北の旅が楽しくて……。

冬を迎えてしまったものの、もう一度行こうと11月に旅行をセッティング。

そして、行ってきました会津若松。GoTo停止が発表される前の週のことでした。

 

前回の旅では、いきなり初日に失敗をやらかしました。

詳細はこのブログで。

www.macan20.tokyo

さて、今回は万全な体調でハンドルを握ります。

首都高から東北自動車道へ。

さっそく、マカン君はグランドツアラーたる資質を発揮してくれて、

「ちょっと休憩」と停まった那須PAまでの200キロをノンストップ。

高速のドライブが楽でした。

なぜでしょう?

私なりに思うところは、次のとおりです。

 

◇重ためのハンドルと、舵角職人が控えている安心感

ハンドルの重さ=しっかり感。マカンのそれの重さが、私にはちょうどいい感じです。

でもその一方で、乗り始めの頃よりもハンドルが重たく感じないこともあり、ひょっとして、筋肉ついた?

また、以前、前車ででのことですが、高速道路で一瞬まぶた落ち。白線を跨いだ恐怖体験がある私には、下のブログの舵角職人の存在が、なんとも頼もしいのです。

www.macan20.tokyo

ちなみに、ちょっと横道にそれますが、高速道路ではクルーズコントロールを使うことが多くなりました。

主な理由は2つあります。

ひとつはスピード超過対策です。「知らず知らずのうちにスピードが出ていた」を防ぐためです。

もうひとつは、追突対策です。前方者の距離を測って減速、停止してくれるので、万が一の玉突きでは、役に立ってくれるのでは、との憶測です。

 

◇腰痛持ちが、腰痛を忘れるサムシング

マカンのシートが特別に良いとは思えず(失礼)、都内での取り回しでは腰に負担がかかったりします。なのに、長距離では腰痛が出ないというナゾの案件です。

前回の旅支度では失念した腰痛クッションですが、今回は意図して外しました。

 

アイポントがSUV

こちらは長距離にかかわらずですが、スポーツタイプの前車と比べてラクですね。緊張感が和らぎます。

 

そんなところでしょうか?

あと、あえて挙げませんでしたが、運転が楽しい!というのもあります。

楽しければ、時間がたつのも早いものです。

 

那須PAを過ぎてからは、下の道へ。

那須から会津へとつづく道は、山間ではありますが山道のイメージはありませんでした。この道はもともとは日光と会津を結ぶ「街道」だったのですね。車幅もあり、見晴らしも良く、スピードがのりやすい。

そう、スピードがのりやすかったのですよ。……そして、ついつい……うわあ。

猛省。

 

そんな場面もありましたが、会津若松のホテルに到着。

その時のメータがこちらです。末広がりが並びました。

f:id:kamihitoe20:20201221234944j:plain

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェアレディZとマカン

銀座に用事があったついでに「日産CROSSING」(ショールーム)に立ち寄ったところ、激しく鼓動が高鳴ってしまいました。

私の記憶を可能な限り遡ってみて、初めて好きになった車が展示されていたのです。

 

じゃーん。

f:id:kamihitoe20:20201121211727j:plain

フェアレディZのラリー仕様。

確か、サファリラリーで優勝したのですよね。プラモデルも作ったな~。

 

子供ごころに、かっこいい! と思ったのが、この部分。

f:id:kamihitoe20:20201121212233j:plain

彫りの深いヘッドライトでした。

当時は、少なくとも国産車にこのような形状はなく、独特の輝きがありました。

 

実は私、マカンを見ると、このZを思い出してしまうのです。面影があるな、と。

f:id:kamihitoe20:20201121212946j:plain

マカンを購入する理由のひとつに、この「面影」も少なからず、ありました。

Zに似ているからマカンを買うって、変なのですけれども……、

「三つ子の魂、百まで」ということでしょうか。

 

ちなみに、次期Zの4分の1スケールモデルもありました。

f:id:kamihitoe20:20201121213814j:plain

こちらは逆に、マカンの「面影」がありますね(笑)。

 

 

 

マカンで、奥のほそ道(まとめ)

f:id:kamihitoe20:20201119154649j:plain

達谷窟毘沙門堂(一関市)の駐車場にて

 

旅の翌日、ガソリンスタンに行って満タンにしました。

総走行距離は、1548キロ。

ガソリンは全部で、146.99リットル。

燃費は、10.531キロ。

 

燃費は良かった! 街乗りはだいたい7キロ台だから、当社比150%?

走行モードは、ほとんどノーマル。

高速の燃費が貢献してますね。←妻が結構とばしていたのですが。

 

あと、乗り心地について、発見がありました。

旅の準備をおろそかにしたのが原因なのですが、私はある忘れ物をしました。

腰痛防止クッションです。

私は以前から腰痛があって、国産車の時は必須アイテムでした。

それが、前車メルセデスCLKでは不要になりました。

メルスのシートは、骨盤と背骨の付け根のあたりをぐっと前に押し出してくれる形状で、背中が丸く沈み込むのを防いでくれていたのです。

マカンのシート(14way)も良いのですが、メルスと比べると「背中の沈みこみ」があるのです。状況によって、少し腰が痛みます、シートポジションを仔細に調整したりしましたが、まだ解決には至っていません。

それで、今回の長旅では、クッションは必要と思っていたのです。

ところが、クッション失念のドライブとなったわけですが、

旅のあいだ、腰が一度も痛くならなかったのです!

何故でしょう? 

正直、分かりません。温泉が効いた!? それもあるかな?

理由は今でもわからないのですが「運転の楽しさ」が、腰への意識を忘れさせたのでしょうか。

 

マカンは、運転が楽しいのです。

とくに峠は、SUVとは思えない旋回性を味わうことができました。

ハンドルが重たくて、切っただけ曲がるのが良いのだと思います。国産車にありがちなくるくる軽いハンドリングだと、正確な舵角をはかるのが難しい。

 

あと、走り方としてはグリップ走行ですね。

前車メルスCLKは、オーバーパワーのFRで、よく後輪が滑りました。←すぐ制御入ります。

マカンはもう、滑りませんね。グリップ一択。横G走行です。うっかり、ダッシュボードにサングラスを置いてしまうと、左右の端を往復します。

 

話は戻りますが、総括すると、マカンは長距離向いているかも。

妻が山形県まで走っても、「運転が楽しい」から疲れない、と。

私の腰痛案件も、「運転が楽しい」から懸念で終わりました。

マカンには、グランドツアラーの資質があります。

 

来年、また東北に行きたいなあ。

 

マカンで、奥のほそ道 (了)