マカンとお散歩! ~New life with Macan~

初ポルシェ。人生が変わったわけではありませんが、生活は変わりました。人生も生活も英語だとどちらもlife。ややこしいな。

マカン

マカン の「声」を聞く (その1)

クルマ好きなら一度は読んだことがあるだろう「頭文字D」(しげの秀一 作)。 その作品に、神奈川県をホームグランドとする 「スパイラル ゼロ」というチームが登場します。 「スパイラル ゼロ」は、クルマとの対話を大事にします。 私も謙虚に、マカンの声…

新潟 は 越後へ

マカンに乗るようになって、1年と5か月がたちました。 ここまで、ボディを擦るようなこともなく、なんとか無事に走っていました。 しかし……! その日 私は思い出した。 マカンは全然コンパクトじゃなく車幅が広い恐怖を… 自分は運転が下手くそだという屈辱…

TOKYO2020

先週日曜の「パラリンピック閉会式」をもって、「TOKYO 2020」が終わりました。 かつてないメダルラッシュで大いに盛り上がったためか、 「祭りのあと」感もひとしおですね。 とはいえ、国立競技場の周辺にいってみると……。 マップ中央の緑部分、国立競技場…

重量比 と トルク配分

SUVでありながらも、スポーツ走行が楽しいマカン。 その理由を、「前」と「後ろ」の仕事ぶりから見てみます。 ☆車体の「前」と「後ろ」 まずは、車検証を見てみましょう。 「素」のマカンのものですよ。 車体の形状は、ステーションワゴンなんですね! 意外…

昭和 ヒストリック カー

ブログを更新することができなかった 5月のある日の出来事を書きます。 その日は、天気のいい日曜日でした。 所要があって出かけると、レジェンドカーを見つけました。 フェアレディZですね。 懐かしい、というか、切ない気持ちにもなりました。 なぜかとい…

マカン の マイナーチェンジ を 考察(その2)

ベースグレードのマカンにつきまして、 前回はデザイン面を比べてみましたが、 今回は価格について検証をしてみます。 前回のマイナーチェンジが発表されたのは、2019年12月のことでした。 この時の価格は、699万円。 今回の価格は、754万円。 …

マカン の マイナーチェンジ を考察(その1)

マカンが2度目のマイナーチェンジをしました。 前回のマイナーチェンジは、デザイン面であまり変化がなかったのですが、 今回は変えてきましたね。 ポルシェ公式HPで、コンフィグした画像がこちら。 グリルを四角く囲んだあたりが、大胆です。 比較のために…

頭文字D の 聖地を走る(観光編)

峠を走行したあとは、せっかく伊香保まで来たのですから、観光を。 それで、行ってきました「伊香保 おもちゃと人形自動車博物館」。 この博物館には、テディベア、昭和のおもちゃ、昭和のアイドル、 そしてノスタルジックな車が展示されています。 冒頭の写…

頭文字D の聖地をめぐる(その2)

頭文字Dの聖地「榛名湖~伊香保」のダウンヒルを走ります。 峠の要所「連続ヘアピン」で、思いっきり肝を冷やしたあとも、 コーナーはきつい箇所が続きます。 たまに現れる直線区間は、完全に「流し」の走行に。 コーナーがきつくて、直線でひと息入れておか…

頭文字D の聖地をめぐる(その1)

伝説の地へ ご無沙汰しております。 人事異動があり仕事環境が激変。更新が疎かになってしまいました。 すみません。 やっと落ち着いてきましたので、ブログを更新します。 さて、伊香保温泉にいってきました。 ご当地は関東でも指折りの温泉地として有名で…

マカン 認証タイヤ (その3)

前回のブログで紹介しましたアメリカのタイヤ基準「UQTG」ですが、 北米販売のタイヤでれば、サイドウォールに数値が記されているようです。 ネクセンの場合は、ここに刻印がありました。 前回は19インチの認証タイヤを比べてみました。 今回は、ほかのサ…

マカン 認証タイヤ (その2)

マカンの認証タイヤを比較したい。 その指標として、各社がホームページで謳っている「当社比」ではなく、 統一された基準を用いて、横並びで比べたい。 そう思って、いろいろと調べていたら、「UTQG」という基準にたどり着きました。 北米で販売されるタイ…

マカン 認証タイヤ(その1)

マカンのタイヤの減りが激しい。1年で残り溝が半分に。 こんなにタイヤは早く減るのは初めてのことで、マカンの「認証タイヤ」について、いろいろと調べてみたくなりました。

1年点検を終えて(その2)

点検を終えたマカンとご対面 つや感、増し増しで帰ってきました! 専門的な洗車場があっての成果だと思いますが、いいですね。 自分で洗車すると、どうしても水滴の跡が残ってしまい、こうは成りません。 ホイールもピカピカ、写真では見えにくいですが、タ…

1年点検を終えて(その1)

さて、1年点検を終えたマカンを受け取りにポルシェセンターへ。 少し愛着がわいてきた代車のVWポロとも、ここでお別れ。 “ありがとうポロ君、とても楽しかった” センターでは、さっそくテーブルについて、整備担当の方とお話を。 まだ1年目なので、どこも…

身だしなみ を 整える

マカンが納車されてから、もうすぐ1年。 まもなく定期点検で、ポルシェセンターへ車を預けることになります。 そこで、「ちょっと、これはまずいよね」と思う案件がひとつありました。 それは、車が汚れていること。 もちろん、汚れていても点検には差し支…

e-POWER は 需要あり!

どうも気になって仕方がないクルマがあって、 ディーラーに見に行ってきました。 こちらです! 日産 NOTE e-POWER なぜ、この車が気になってしまったかというと、 まずは、エンジンではなくモーターのみで走ること。 2030年には内燃機関のクルマは絶滅危惧を…

新東名を走る

3月末に、用あって兵庫県西宮市に行ってきました。一泊二日です。 午前3時すぎ、眠い目をこすって出発しました。 この道程のトピックスといえば、やはり「新東名」の120キロ区間でしょう。 関西方面に行くには、昔ながらの「東名」もありますが、ここは…

エンジンオイルのナゾ

前回のブログで、取説によると暖機運転はしなくていい、と書きました。 この画像の緑でマーカーした部分ですね。 さて、次に気になるのが、赤で囲んだ部分です。 通常の作動温度とは、油温だと何度になるのでしょうか? 適温がよくわからないのですが、マカ…

暖気運転のナゾ

すこし前に、私の駐車場の3台となりにパナメーラさんが越してきました。 いつも「いいなあ」と気になっていたのですが、 ある時オーナーさんが現れて乗車。いい音響かせて暖機運転となったのです。 そんな私も暖機運転中でした。 冬期間は東京でも、オイル…

再現性が低い

〇××〇×××〇×× ご無沙汰しています。久々にブログを更新します。 さて、上のマルとバツ、〇は成功、×は失敗。 これがPK戦でしたら、本当にへたくそ。グランド10周走らされるレベルですね。 マカンのリアゲートには、こんなボタンが付いています。 このボタ…

2020 マカンの「まとめ」

大晦日ですね。 2020年の「乗り納め」のつもりで、近場を散歩してきました。 ▲無人都市のオリンピック選手村。来年は選手たちをお迎えしたい。 ▲新設の会場にて。こちらも賑わってほしいです。 ▲走行距離は、8か月半で9568キロ。よく走りました。 マカンとの…

東北の旅、再び

10月に行った東北の旅が楽しくて……。 冬を迎えてしまったものの、もう一度行こうと11月に旅行をセッティング。 そして、行ってきました会津若松。GoTo停止が発表される前の週のことでした。 前回の旅では、いきなり初日に失敗をやらかしました。 詳細はこ…

フェアレディZとマカン

銀座に用事があったついでに「日産CROSSING」(ショールーム)に立ち寄ったところ、激しく鼓動が高鳴ってしまいました。 私の記憶を可能な限り遡ってみて、初めて好きになった車が展示されていたのです。 じゃーん。 フェアレディZのラリー仕様。 確か、サ…

マカンで、奥のほそ道(まとめ)

▲達谷窟毘沙門堂(一関市)の駐車場にて 旅の翌日、ガソリンスタンに行って満タンにしました。 総走行距離は、1548キロ。 ガソリンは全部で、146.99リットル。 燃費は、10.531キロ。 燃費は良かった! 街乗りはだいたい7キロ台だから、当社比150%? 走行モ…

マカンで、奥のほそ道(5日目の2)

宮城蔵王きつね村 ▲首に巻きたくなりますね。 入場料は一人1000円。Gotoクーポンが使えるので、きりよく2枚支払って、入園。 基本的には、きつねが放し飼いされている遊歩道のような場所です。 「手を出すと100%噛まれます」とあるのですが、本当でしょうか…

マカンで、奥のほそ道(5日目の1)

山形県蔵王では、ホテルの温泉がとても良かったですね。 こちらは貸切風呂。すぐ外は山林で、野趣あふれていました。 泉質は、強酸性の硫黄泉で、濃いですね~。 蔵王は初めてでしたが、温泉がいいですね。 ぎりぎりの時間まで朝湯に入ってからチェックアウ…

マカンで、奥のほそ道(4日目)

この日は松島を観光。 さすが、日本三景と言われている場所ですね。 海に浮かぶ盆栽の数々といった風情です。風光明媚とはこのこと。 また、朝の散歩のときには、ブルーインパルスの演習があって、 青空に飛行機雲で円を描いていました。 名所の多いところで…

マカンで、奥のほそ道(3日目の2)

達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう) 中尊寺といい、こちらといい、悠久の時を感じました。 1200年の歴史があるとのことで、その間ずっと、祈る人を見守り続けてきたのですね。 ちょっと小さくなりましたが、木々の向こうに見える毘沙門堂を背…

マカンで、奥のほそ道(3日目の1)

盛岡市つなぎ温泉で一泊しました。 部屋から見えた駐車場の写真です。 マカン、幅広っっ! さて、つなぐ温泉は目前にきれいな湖があるものの、 ほかになにか特徴があるわけではないようです。 硫黄泉ということですが、硫黄臭が漂っているわけでもありません…