マカンとお散歩! ~New life with Macan~

初ポルシェ。人生が変わったわけではありませんが、生活は変わりました。人生も生活も英語だとどちらもlife。ややこしいな。

頭文字D

カーセンサー 頭文字D

スポーツ雑誌「Number」の別冊「さらばF1 HONDA」を買いに書店へ。 その会計をすませたあとに、偶然、見かけたのが、この雑誌。 ウェブでおなじみの「カーセンサー」の雑誌版ですね。 その特集が「買う、頭文字D」だったのです。 ぱらぱらと中身を見て「買う…

東京オートサロン(前半)

チューニングカーの祭典「東京オートサロン」に行ってきました。 今回は、チケットはスマホで表示。 入場口に近づくと、爆音。ド派手なスキーム音が聞こえてきます。 近くにある屋外イベントコースで、ドリフトショーをやっていました。 いきなり高揚しまし…

マカン の 「声」を聞く(その2)

引き続き、マカンの声を聞いてみます。 前回は、私がアクセルを踏んで回した時の「声」を聞きました。 今回は、私はアクセルを踏みません。 「アクティブ・クルーズ・コントロール」を使って、 マカンが「自発的に」どのように走りたがるのかを検証します。 …

マカン の「声」を聞く (その1)

クルマ好きなら一度は読んだことがあるだろう「頭文字D」(しげの秀一 作)。 その作品に、神奈川県をホームグランドとする 「スパイラル ゼロ」というチームが登場します。 「スパイラル ゼロ」は、クルマとの対話を大事にします。 私も謙虚に、マカンの声…

重量比 と トルク配分

SUVでありながらも、スポーツ走行が楽しいマカン。 その理由を、「前」と「後ろ」の仕事ぶりから見てみます。 ☆車体の「前」と「後ろ」 まずは、車検証を見てみましょう。 「素」のマカンのものですよ。 車体の形状は、ステーションワゴンなんですね! 意外…

頭文字D の 聖地を走る(観光編)

峠を走行したあとは、せっかく伊香保まで来たのですから、観光を。 それで、行ってきました「伊香保 おもちゃと人形自動車博物館」。 この博物館には、テディベア、昭和のおもちゃ、昭和のアイドル、 そしてノスタルジックな車が展示されています。 冒頭の写…

頭文字D の聖地をめぐる(その2)

頭文字Dの聖地「榛名湖~伊香保」のダウンヒルを走ります。 峠の要所「連続ヘアピン」で、思いっきり肝を冷やしたあとも、 コーナーはきつい箇所が続きます。 たまに現れる直線区間は、完全に「流し」の走行に。 コーナーがきつくて、直線でひと息入れておか…

頭文字D の聖地をめぐる(その1)

伝説の地へ ご無沙汰しております。 人事異動があり仕事環境が激変。更新が疎かになってしまいました。 すみません。 やっと落ち着いてきましたので、ブログを更新します。 さて、伊香保温泉にいってきました。 ご当地は関東でも指折りの温泉地として有名で…

マカンで、奥のほそ道(4日目)

この日は松島を観光。 さすが、日本三景と言われている場所ですね。 海に浮かぶ盆栽の数々といった風情です。風光明媚とはこのこと。 また、朝の散歩のときには、ブルーインパルスの演習があって、 青空に飛行機雲で円を描いていました。 名所の多いところで…

マカンで、奥のほそ道(2日目の1)

ホテルをチェックアウトして、寄り道をしながらも、 私たちは「鬼首かんけつ泉」を目指しました。 かんけつ泉、一定時間をおいて、温泉が地上高く吹き上がるあれですね。 ホームページをアップしておきます。 【公式】間欠泉 鬼首かんけつ泉 この場所は、ど…

マカン あるある

「マカン あるある」を書いてみようと思います。 ほかの方にお話しをうかがったわけではなく、あくまでも個人の感想です。「あるある!」ではなく「ないない!」もあるかもですが、どうぞ。 ・どこポンポン? 駐車する時やパーキングチケットを取る時入れる…

スーパーオートバックス東雲店

自分が書いたブログの記事の「解析」を見ていると、直近のアクセスが多かった記事がわかるのですが、本日は、おやっと思うものが上位にきました。 この記事です。 https://www.macan20.tokyo/entry/2020/06/10/004941 ご近所を散歩したときのブログです。 と…